Two small beds

兄弟が多くても安心!三段ベッドでスペース確保

多人数対応ベットとは何か

兄弟使いのベットを探す

ベッド

兄弟が多い家庭ではスペースの確保に苦労する場合が多いですよね。
学校に通うようになると、それぞれの持ち物も増えるし、机や収納スペースなど場所をとるものがますます増えて行きます。
そこで問題になるのが「ベッドの種類」です。
高さのあるベッドの下に机や収納スペースを備えたものもありますが、兄弟が3人以上ともなると、全員分を置くのは厳しい場合も多いでしょう。
そうなると、考えられる選択肢として「三段ベッド」を検討するのも良いでしょう。
ベッド3つ分が1つ分のスペースで済むのですから究極の省スペースになりますよね。
そんな利点も、もちろんありますが、三段ベッドのメリットはそれだけではありません。
購入の際に一番喜ぶのは何よりも子供達ではないでしょうか。
それだけ三段ベッドは子供にとって魅力的なものなのですね。
これだけ大きな立体構造物は子供にとってどんなおもちゃより楽しい、最高の遊び場にもなります。
また、自分だけの空間として自立心を育てるのに役立つ場所でもあるでしょう。
また、ベッドを重ねたり分けたり出来るものを選べば、子供の成長に合わせて変えられてとても便利です。
ライフスタイルに合わせて「二段ベッドと普通のベッド」を2部屋で分けて使う。
あるいは「普通のベッド3台」を各部屋に1つずつなど、選択肢の幅が広がります。
購入時のポイントはこのような利便性に加え、耐震性や耐荷重にあるといえます。
三段ベッドの購入の際は、しっかり固定された強度の高いものを選ぶことが大切ですね。

分割できるものを選ぶ

枕

住宅事情によって子ども部屋を今すぐに用意できないとなってしまうご家庭もあるでしょう。
特に子供が3人以上いる場合は、一つの部屋で寝させてしまうと場所を取ってしまう為、ベッドの購入を考える人もいるかもしれません。
二段ベッドでは一人あぶれてしまいますので、ぜひ三段ベッドの購入を検討してみてください。
三段ベッドは天井が低い部屋では厳しいのではないかと購入を断念してしまう人もいるかもしれませんが、実は天井の高さに合わせて低めに作られている三段ベッドも存在しています。
三段ベッドのイメージと言えば、二段ベッドより一つ一つの間隔が狭く、寝にくい印象を持っている人が多いでしょう。
しかし、工夫次第では二段ベッドと変わらぬスペースを確保することが可能です。
例えば、三段目を床に近い場所に設置したり、スライドして横に出せる形式の物であれば、ベッドの各間隔十分に確保することができるのです。
このようなタイプであれば、三段合わせても二段ベッドと同様の高さで収めることができる為、天井の低いご家庭でも問題なく使用することができるでしょう。
また、いずれ子ども部屋を持たせるつもりであれば、分割できる三段ベッドを購入しておけばそれぞれに使用することができます。
またコンセントがそれぞれに付いているものもおすすめです。
素材などによって価格が異なっていますが、格安で取り扱っている通販サイトなどもありますのでチェックしてみてください。
また、購入の際には天井の高さとそれぞれのベッドの間隔などを見ておくことで失敗を防ぐことができます。

室内スペースの有効活用

三段ベッド

人口減少社会で高齢化と少子化が同時進行しているにも拘わらず、地方から大都市圏への人口移動が静まっていません。
中でも、首都圏の人口は都市部の人気スポットに高層マンションや賃貸用マンションの建設が続いていることで他の都市圏以上に過密化し、地価の上昇を招いています。
このため、販売単価を抑えるため、マンションの1区画の床面積は小さくなりがちです。
しかも、こうしたマンションの主要な購買層であるサラリーマンの賃金は期待したほどに上がっていないため、金融機関からの住宅ローン借入額が一層増えて、年収比で5,6倍になるケースが珍しくない状況です。
このため、子供の多い家庭では住宅ローン借入額を極力抑えるには物件購入予算を抑えて、床面積を小振りにした3LDKを購入するのが精一杯です。
ディベロッパーもサラリーマン家庭のこうした生活状況を良く調べているので、購買層の希望に沿う販売価格帯と間取りを目指して設計、施工しているようですが、高規格化マンションのブランド化により物件価格は高くなる傾向です。
各家庭が生活するのに必ずしも十分でない住まいで暮らすわけですから室内スペースの有効活用策として三段ベッドの利用を図っています。
一昔前から全国各地で二段ベッドはある程度普及していましたが、過密化している首都圏で子供の多い家庭では三段ベッド導入に人気が出ています。
しかも、子供時代から大人になっても一段ずつばらして長く使えるように、ベッドメーカーが工夫して製造しているので、三段ベッドを利用する人たちに利用しやすくなっています。
もちろん、耐荷重や耐震性にも十分配慮したインテリア家具として施工され、中、下段の空間高さも寝ていて圧迫感を感じないスペースを確保できているそうです。
首都圏等の限られた住まいで生活空間を広くとろうとするには三段ベッドを使うことが効果的だと言えます。